中性脂肪の概要とそれによる影響について

中性脂肪は人間の体のエネルギー源となる物質です。中性脂肪の役割は、生命を維持するとともに、脂肪分として内蔵を守りまた、体温を一定に保つという役割があります。

 

中性脂肪の値は、健康診断ではTGという値で表されますが、この値が高すぎるのはよくありませんが、生きていく上でのエネルギー源であるため、ある程度の数値は必要になります。

 

中性脂肪は肝臓で生成されており、炭水化物の摂取や飲酒により増加します。血液中の中性脂肪の基準値は血液中の値が、150mg/dl以上になると、異常値と判断されます。

 

 

この値が高いと、脳卒中動脈硬化を起こしやすくなるため、値が低いことが推奨されています。また、この値が高くなると、脂肪肝の状態に陥り、肝硬変や肝臓ガンへ移行する可能性が高くなります。

 

中性脂肪が増える仕組みとしては、炭水化物やタンパク質などのエネルギー源を必要以上に摂取すると、中性脂肪として蓄積されていくことになります。

 

またアルコールの摂取でも中性脂肪の値が高くなりますが、これは肝臓で分解される際に促す酵素が生成されるためです。

 

中性脂肪を減らして健康に

最近よく聞く言葉に、メタボリックシンドロームという言葉が有ります。いわゆるメタボといわれるものですが、メタボといわれる人は基本的に中性脂肪が多い人を指します。

 

中性脂肪とは動物性の脂肪で、常温で個体の中性脂質の事を言います。いわゆる昔から言われている中年太りの方は、ほぼ間違いなくお腹のあたりに沢山の中性脂肪が付いています。

 

中性脂肪の何が問題かといいますと、病気のリスクを大きく上げるものなので厄介なものです。

 

脂肪が付くのは避けられませんが、あまり動物由来の中性脂肪がつくと、動脈硬化や肝臓の病気を併発する恐れが有ります。健康を保つためには中性脂肪を減らすしか有りません。

 

先ずは食事から見直す必要があり、動物性の脂肪の摂取を抑え、尚且つ今までに身体に付いた中性脂肪を減らすためには運動を行うしか有りません。

 

無理な運動は続かないので、少し汗をかくぐらいの無理のない運動を毎日続ける事により、中性脂肪を減らして健康な体を取り戻しましょう。

 

2014/03/26 18:52:26 |
健康で生活をしていくことは人生で非常に大事なことであり、健康への関心を持つ人も多くなっています。日本では健康への取り組みも積極的に行われており、健康を保つために様々な対策も行われています。健康診断も企業や自治体で行われており、最近では新しくメタボリックシンドロームも行われるようになっています。若い人では代謝もよく、日頃から運動をする機会もあるために意識をされることは少ないですが、年齢を重ねることによって身体も変化があり、中性脂肪なども増えてきます。中年の方には多い症状であり、おなか周りなどの変化が大きくあります。中性脂肪は健康への被害も少ないと考えられることが多いですが、実際には危険な要因の一...
2014/03/26 18:52:26 |
中性脂肪値は低ければ低いほどよいわけではないです。人間の臓器は体内で宙吊りの状態にあります。その不安定な状態の臓器を動かないようにしたり、外部からの衝撃から守る役目を担っているのが中性脂肪です。中性脂肪と言うだけあって、アルカリ性でも酸性でもなく、中性の脂肪です。他にも体温を保ってくれる役割がありますが、一番重要なのは、人間が生きるのに必要なエネルギー源として使われます。食品から摂取した蛋白質や糖質、脂質をエネルギーとして使いますが、余った分は中性脂肪として肝臓などに蓄えられます。その蛋白質や糖質や脂質が足りなくなると、蓄えられていた中性脂肪が糖質に変化してエネルギー源として使われます。飢餓状...
2014/03/26 18:52:26 |
中性脂肪とは人間の活動のエネルギー源となる物質です。主に食事によって摂取された資質は小腸から吸収されて血液中に入り、生命活動に利用されます。余ったものが中性脂肪として体内に蓄えられます。中性脂肪が高いと動脈硬化の原因になるといわれており、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞の原因になるといわれています。また肝臓への中性脂肪の蓄積は脂肪肝となり、肝臓がいわゆるフォアグラの状態になります。これにより肝臓の機能が低下し、肝硬変や肝臓がんになる可能性が高まります。この中性脂肪が増える仕組みは炭水化物、タンパク質、脂質などの余ったものが肝臓に蓄積していきます。またアルコールを摂取することによっても増えます。アルコー...
2014/03/26 18:52:26 |
中性脂肪の数値を下げるために最も重要と言えるのは、これまでの食生活を改めていくことです。中性脂肪やコレステロール増加に悩む人の大半は暴飲暴食の日々が続いていたり、肉類や油物、インスタントやレトルト食品の摂取が非常に多い傾向があり、常に中性脂肪を蓄え続ける体になっている可能性が非常に高くなっているためです。これを改善するための食生活として、DHA・EPAの含まれた青魚などの食材を加えたり、海藻類や根菜類などのミネラル、食物繊維が豊富な食材を取り入れる、過度のアルコール摂取を控えるということからはじめるようにします。青魚に含まれるDHAやEPAは中性脂肪を下げ、血液をサラサラにする効果があるといわ...
2014/03/26 18:52:26 |
食生活が不規則になりがちの人や欧米食中心の食事を摂取していると、中性脂肪が高くなる傾向にあります。中性脂肪が増加傾向になると、悪玉コレステロールが増える原因となり、これにより動脈硬化や脳梗塞といった病気を引き起こす原因にも繋がるため注意が必要です。このように中性脂肪を増やさないためには、日常生活や食生活を見直す必要があります。食事については、カロリーを必要以上に摂取しすぎない事、肉より魚中心の食事にする事などが挙げられます。特に青魚などには中性脂肪を減らす働きがあるので、このような魚を積極的に摂取するのがいいです。その他にも、野菜や海草類を摂取する事も大切であると言われています。このような食材...
2014/03/26 18:52:26 |
健康診断などでよく耳にする「中性脂肪」。気にせずに生活していたら、基準値を上回ってしまった…という方も多いのではないでしょうか。中性脂肪が増え続けると、肥満やメタボリックシンドロームの原因となるだけでなく、重症の場合には動脈硬化や高脂血症、脳卒中などの命にかかわる病気をも引き起こすことになるのです。中性脂肪がたまりやすい人には、いくつかタイプがあります。・喫煙する・運動不足である・ストレスがたまっている・毎日お酒を飲む(瓶ビール1本以上)・甘いものが好きで欠かせない・外食が多い・朝食をとらないことが多い・不規則な生活時間などで、夜食をとることが多いなどです。これらの項目にいくつもあてはまる方は...
2014/03/26 18:52:26 |
中性脂肪を下げるためには適度な運動を行うことも効果的です。特に有酸素運動を日々続けることによって脂肪分の燃焼効率が上昇し、中性脂肪のつきにくい身体を作っていくことに役立ちます。まず、手身近に始められる有酸素運動としてウオーキングやジョギングが挙げられます。これらを始めるにあたって必要なものがほとんどなく、始めたいと思ったときにすぐ始められるというのが大きなメリットといえます。また、運動不足が慢性化しており、いきなりスポーツを始めるというようなことが難しい場合でも、まずはウオーキング、慣れてきたらジョギングといった具合に段階的に身体を作っていった場合でも効果が見込めるものです。ただし、脂肪の燃焼...
2014/03/26 18:52:26 |
中性脂肪は様々な病気の原因になっていますが、血液中の中性脂肪の値が高いからといってすぐ重大な病気になるというわけではないですが、じわじわと様々な病気へ向かうというふうに考えればよいです。まずは高脂血症という状態になります。高脂血症とは、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた状態です。高脂血症または脂質以上症は遺伝的要素を始め、運動不足や脂肪分の多い食事、喫煙、アルコールの過剰摂取などによって起こります。しかも自覚症状がないまま状態が悪化し、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。脂質異常症が動脈硬化を引き起こすことについて解説します。中性脂肪自体が...